和歌山でキャッシングするなら何がおすすめ?銀行&消費者金融を比較してみた


一口に和歌山県と言っても、内陸部の山深い地域から海辺まで多様な表情を見せます。例えば県庁所在地である和歌山市は、大阪から車や電車で1時間ほどアクセスがよいこともあり、大阪に消費を吸い取られている状況が続いています。

そんな和歌山県下で最大の金融機関が紀陽銀行です。和歌山県に住んでいる野であれば、住宅や自動車の購入などの出費によってローンを考えるとき、まずは紀陽銀行が頭に浮かぶはずです。

そこで今回の記事では、紀陽銀行の豊富なローン商品のうちいくつかご紹介して、概要やメリット・デメリットについてご説明します。そして、デメリットを補うカードローンとして、全国展開されておりサービスの充実しているプロミスをご紹介します。

スピーディー!10秒簡易審査!

モビット

事前審査を10秒簡易審査

モビットでは審査の事前審査の結果を申込みからわずか10秒で表示してくれます!審査が不安な方にはすごくうれしいサービスですよね。ある程度の目安になりますよね。

◎詳細はこちら→モビット

事前審査の前に仮診断を受けることもできます!

モビット和歌山のローン申込機・ATM一覧

30日間無利息サービスが人気!

プロミス

WEB契約がスピーディ!

平日14時までWEB契約完了すると当日振込が可能です。インターネットから簡単に書類を送ることができます。審査は最短30分でスピード回答!

◎詳細はこちら→プロミス

WEB上で契約ができるプロミスのWEB契約は、会員になるとお電話や会員ウェブサイトで24時間、振込のお申込みが行えます。

プロミス和歌山の自動契約機・ATM一覧

1秒診断で借入可能か即診断!

アイフル

無記入で即診断!

アイフルでは氏名の記入なしに1秒診断を行うことができます。簡単な入力操作で誰でも簡単に試す事ができるのできるのもうれしいですね。

◎詳細はこちら→アイフル

本審査の結果もお申込みから最短30分で回答!

アイフル和歌山の自動契約機・ATM一覧

紀陽銀行カードローン

まずご紹介したいのは、紀陽銀行のローンの中で最も一般的なカードローンです。現在持っている手元のキャッシュカードにローン機能を追加することで、限度額までお金を借りられるようになります。

概要

金利や限度額などの概要情報を一覧にまとめます。

金利 3.8~14.9%
限度額 10~800万円
無利息期間 なし
申込対象者
  • 満20歳以上65歳未満
  • 安定収入を持つ(主婦・パート・アルバイトもOK)
  • 紀陽銀行の他のカードローンの利用がない
  • 紀陽銀行の総合口座およびキャッシュカードを持つ
  • 住居または勤務先が紀陽銀行営業地域内
申込方法 インターネット、電話、FAX
審査時間(最短) 最短翌営業日
融資までの時間(最短) 最短翌営業日
借入方法 提携ATM
返済方法 口座振替、提携ATM

金利に幅がありますが、借入額が小さければ高く、大きければ低くなります。例えば、借入が10万~70万円だと14.9%ですが、800万円だと3.8%になります。

限度額800万円!

紀陽銀行のカードローンは限度額が800万円までと高く、そして利用用途に制約がない(事業性資金を除く)ところがメリットです。

もちろん、急な出費に間に合わせるために10万円程度の少額のお金だけ借りるのもよいでしょうし、何かのローンに充当するために大きめの金額を借りるのもよいでしょう。最高限度額が高いことによって、金銭面で自由度が上がるのが嬉しいところです。

審査・契約の手続が遅い

一方で、メガバンクや消費者金融と比較して審査や契約を済ませて実際にお金を借りられるようになるまでの時間がかかるのがネックです。

こうした機関ですと、申込方法や時間帯によっては、申込当日に融資を受けられる「即日融資」が可能なところも多くなっています。中には、申し込んでから最短30分で審査結果が出て、最短1時間ほどでお金を手にできるところもあります。

それに対して、紀陽銀行のカードローンでは最短でも翌営業日に審査が開始され、融資を受けられる状態に至るまで数日かかることもざらです。急にお金が必要になり、すぐに借りないといけない・・・という方は、紀陽銀行ではなく他の機関を選ぶべきでしょう。

後ほど、こうした急なニーズに対応する消費者金融としてプロミスをご紹介します。

紀陽教育カードローン

カードローンが利用目的の自由なローンだとすれば、それ以外に利用目的が限定されるローンがいくつかあります。目的が限定される分、金利がカードローンよりも低く設定されているのがポイントです。

ここでは、いくつかある「目的設定型ローン」のうち紀陽教育カードローンをご紹介します。キャッシュカードとは別に、ローン用のカードが発行されます。

概要

先ほど同様、まずは概要情報をまとめます。

金利 3.1または4.8%
限度額 50~500万円 ※10万円単位
無利息期間 なし
申込対象者
  • 満20歳以上60歳未満
  • 前年度収入が150万円以上で、安定収入を持つ
  • 学校に所属する学生ないしその親権者
  • 住居または勤務先が紀陽銀行営業地域内
申込方法 インターネット、電話、FAX
審査時間(最短) 最短翌営業日
融資までの時間(最短) 最短翌営業日
借入方法 提携ATM
返済方法 口座振替、提携ATM

利用期間の間は、専用のローンカードを使うことで繰り返し借入れすることが可能です。最長4年6ヵ月(医学部は6年6ヵ月)まで利用することができますが、返済専用機関も最大8年までと区切られています。

金利が低い!

最大の魅力は、一般のカードローンよりはるかに金利が低いということです。
融資さえ決まれば、高校や大学の学費・研究費用などのコストに応じて多額のお金を借りたとしても、比較的返済の負担が低くて済みます。

利用用途がとても狭い

金利が低くて大変助かる教育カードローンですが、便利さの裏返しとしてあまりに利用用途が限定されてしまっているという側面があります。

使い道は「入学金、授業料及び在学するための教育資金」と商品概要説明(http://www.kiyobank.co.jp/personal/bankloan/education/images/pdf/kiyobank_cardloan/loan_summary.pdf)に明記されており、これ以外には使用できません。

ただ、逆に言えばお金の使いどころをハッキリさせることで、低金利での融資を可能にしているということでもあります。

紀陽銀行ローン(目的プラン)

教育カードローンよりももう少し利用用途が低いのが、「目的プラン」と呼ばれる銀行ローンです。

これも目的の限定されたローンであるため、一般的な紀陽銀行カードローンよりも自由度が低いのは確か。しかし、使い道は教育以外にも開かれているため、教育カードローンよりも利用しやすいと言えます。

概要

紀陽銀行ローン(目的プラン)の概要は以下の通りです。

金利 2.4または2.9%
限度額 マイカー・教育・リフォームの場合:10~1000万円以内
その他(ブライダル・家具など)の場合:10~500万円以内
無利息期間 なし
申込対象者
  • 満20歳以上65歳未満
  • 安定収入を持つ(主婦・パート・アルバイトもOK)
  • 住居または勤務先が紀陽銀行営業地域内
申込方法 インターネット、電話、FAX
審査時間(最短) 最短翌営業日
融資までの時間(最短) 最短翌営業日
借入方法 提携ATM
返済方法 口座振替、提携ATM

使い道は教育やマイカー購入などに限定されませんが、それでも見積書や契約書のかたちで使い道を紀陽銀行が確認できる資金に限定されます。

例えば、マイカー資金、リフォーム資金、ブライダル資金、太陽光発電資金、教育資金などに目的プランを適用できる可能性があります。

お金を無駄遣いしないで済む

金利が低いのは確かにメリットの一つではありますが、それ以外の目的プランの最大のメリットは、せっかく借りたお金を無駄な用途(飲酒・ギャンブルなど)に使ってしまう心配がないという点です。

借りたお金を無駄遣いすることが多重債務につながる大きな原因なのですが、あえて目的を限定してお金を借りれば問題ありません。もちろん返済の見通しをつけておくことは必要ですが、返済に際してトラブルになる可能性をつぶしておくことができるという点ではおすすめのローンと言えます。

目的以外の用途にお金を利用できない!

ただし、目的が限定されているというのはデメリットでもあります。

生活費が不足しており、目的プランで借りられるお金が残っているのであれば、そのお金を充当したいところです。しかし、目的プランで用途を限定して借りている以上、「ちょっと足りないからローンで埋め合わせよう」という利用の仕方は不可能となっています。

自由にお金を使いたいならプロミス!

このように、目的ローンだと金利が低い代わりに用途が限定されていて使い勝手がよくありません。

より広い用途に借りたお金を使いたい場合は、紀陽銀行カードローンに申し込む手もありますが、前述の通り審査や契約が遅いという弱点もあります。

そこでおすすめなのは、大手消費者金融の一つであるプロミスです。紀陽銀行の弱点である「使い勝手の悪さ」がなく、スピーディかつスマートに手続を進められますよ。

プロミスのカードローン概要情報

プロミスの一般的なカードローンについて、概要情報を以下の通りまとめます。

金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万円
無利息期間 初回出金の翌日から30日間
※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
申込方法 インターネット、電話、来店(自動契約機・店頭窓口)、郵送
審査時間(最短) 最短30分
融資までの時間(最短) 最短1時間
借入方法 口座振込、店頭窓口、プロミスATM、提携ATM
返済方法 インターネット、口座振替、店頭窓口、プロミスATM、コンビニ

審査や融資に至るまでの時間が短く、借入方法や返済方法も多くなっています。メールアドレスやWeb明細の利用を登録一定期間利息のかからない「30日間無利息サービス」もついており、利便性に配慮された仕様と言えます。

用途が自由で申込も手軽

プロミスのカードローンでお金を借りれば、紀陽銀行と同様使い道は申込者の裁量にゆだねられ、生活費でもマイカーでも利用できます。また、申込もネットやアプリ経由で行えるようになっており、とても便利です。

審査・契約手続がスピーディ

便利さという点を掘り下げると、特に「即日融資が可能」というのはプロミスの大きなアドバンテージです。

プロミスでは自動契約機を持っており、土日や祝日、あるいは夜間(22時まで、一部21時まで)でも営業しています。

そのため、申込が夜になってしまっても即日融資してもらえる可能性が残っています。すぐにお金がほしいという場合であれば、プロミスの方がよいでしょう。

申込前に借入診断と返済シミュレーションができる

申し込む前の段階で、簡単にではありますが借入が可能かどうかの診断と、返済時のシミュレーション結果をメイン画面(http://cyber.promise.co.jp/Pcmain)からチェックすることができます。

こうしたツールを利用して、審査に通過する可能性と返済金額の見通しをつけておくことがとても重要です。

まとめ

和歌山県最大の金融機関である紀陽銀行では、ローン商品もいくつか用意されています。用途が自由なカードローンや、特定の理由に限定された教育カードローンや目的プランがあり、うまく使えばカードローンよりも低い金利でお金を借りることができる可能性があります。

どうしても使用用途の限定をつけずにお金を借りたいのであれば、消費者金融であるプロミスの利用を検討しましょう。

詳細はこちら  プロミス

更新日:

Copyright© キャッシングの学校 , 2017 AllRights Reserved.