少額の即日融資なら消費者金融がおすすめ


今ここで5万円あったら!と思うことありませんか?
もちろんATMから下ろせればよいのですが、無職だったり給料前だったりしてそううまくいかないことも多いですよね。何だか、惨めな気持ちになります。

そこでおすすめなのがキャッシングです。一時的にお金を借りて事を済ませれば、利息もそれほど付くことなく返済することが可能です。

ただ、お金を借りるのに時間がかかっては意味ないですよね。
今回の記事では、サッとお金を借りられる「即日融資」のための方法をご紹介します。なんだかんだ手続きの流れを知っていないと、即日融資できないこともあります。ぜひこの記事を読んで、流れを頭に入れてから申込をしてくださいね。

即日キャッシングといえばプロミス!

プロミス

当サイトで、即日融資に最もおすすめのキャッシングはプロミスです。50万円未満の借入は運転免許証だけでお金を借りる事ができます。

プロミスは公式サイトで簡単に借入が可能か調べることが出来る借入診断が準備されています。お急ぎの方は公式サイトで診断を受けてみましょう!

◎⇒プロミスの公式サイトはこちら

スピード審査で即対応、アコム!

アコム

3秒診断で借入可能かすぐにわかります。平日はもちろん土日祝でも即日審査を行っている為、最短30分で審査の連絡可!

審査通過後はパソコンやスマホでアコムカードが手元になくても振込即日キャッシング対応!振込をご希望の場合平日14時までに依頼が必要です!

◎⇒アコムの公式サイトはこちら

最短30分で即回答で即日融資も可能なアイフル!

アイフル

インターネット契約で誰の顔も見ずに借入までを実現、審査結果は最短30分で回答いたします!TVCMでもおなじみの東証1部上場している信頼できる大手キャッシングの一つです。

ネットからの申込みは365日、24時間受付中!

◎⇒アイフルの公式サイトはこちら

即日融資を受けるまでの注意点と流れ


そもそも、「即日融資」とは「申し込んだその日にお金を借りること」を指します。すぐにお金を手に入れられるのは便利ではありますが、申込の時間帯や申込方法に配慮する必要があります。例えば、夜23時に申し込んでも24時までにお金を借りるのはほぼ無理でしょう!

まずはカード発行までの流れと、申し込む際の注意点についてご説明します。

カード発行までの流れ

カード発行までの流れは以下の通りです。

申込

申込方法はいろいろありますが、即日融資してほしいならネット申込がおすすめです!仕事に出かける前(午前6~7時くらいでしょうか)に申し込めるのは、ネットだけです。

なお、後で必要になるので以下の書類を申込前に用意しておきましょう。

  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、健康保険証などの中から1枚
  • 収入証明書類:源泉徴収票、確定申告書、給与明細などの中から1枚

この辺りのルールは会社によって若干異なるので、きちっと確認しておいてください。

審査

申込情報や信用情報を基に、申し込んだ人に借り入れを許すかどうかの審査を行います。審査に落ちてしまえばそこで手続き終了です。

即日融資の場合、早ければ30分ほどで連絡が来ることもあります。メール連絡の場合、ドメインを受信拒否にしていないかメーラーの設定をチェックしましょう。

契約

即日融資を狙うなら、ネットか自動契約機で契約するのがセオリーです。店頭でも全く不可能ではないのですが、平日17時や18時で閉まってしまうので、日中働いている人にとっては利用しづらいでしょう。

ネットでも自動契約機でも、契約の仕方は指示してもらえますのでそれほど難しくありません。

借り入れ

カード利用と振込みの2つの方法があります。

カード利用の場合、いつでも好きなときにカードでお金を引き出せるのがメリットです。その代わり、ATMやお店へ行く必要があります。

振込みだと自動契約機やお店へ来店する必要なく借りられるのがメリットです。その代わり振込みを依頼する手間があったり、振込みタイミングが時間帯によって異なるのがネックです。

振込みの件については、以下もう少し詳しくご説明しましょう。

振込みでの即日融資について


振込みのメリットは、来店の必要がないこととお伝えしました。
実は、借り入れどころか申込から契約、借り入れ、返済に至るまですべてネットで済ませることが可能となっているんですよね。

ただ、振込みで即日融資を狙う場合は「時間制限」があるので次にご説明します。

振込みでの借入の際の注意点

振込みの場合、仮に消費者金融を利用したとしても、自分の口座のある銀行の営業時間に影響を受けます。だいたい、銀行って平日の15時で営業終了しますよね。だから、それまでに振込みが終わっていないと、翌営業日に回されてしまうんです。

大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットの「時間制限」をそれぞれ見てみましょう。

ブランド名 通常条件 特別条件
プロミス (初回)
平日14:00までに契約

(2回目以降)
平日14:50までに振込依頼

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合、24時間365日いつ依頼があっても10秒ほどで対応完了
アコム (初回)
平日14:30までに振込依頼

(2回目以降)
平日14:30まで(ゆうちょ銀行は14:00まで)に振込依頼

楽天銀行なら土日祝含め0:10~23:50に振込依頼

(初回のみ)
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のみ平日18:00までに振込依頼

アイフル 14:00頃までに振込依頼 -
SMBCモビット 14:50までに振込完了 -

通常条件ですと、15時に間に合わせるべく14時台には振込依頼を済ませておく必要があることが分かります。

また、プロミスとアコムには「特別条件」があるのがポイントです。三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座がある場合はプロミス、楽天銀行ならアコムが圧倒的に便利ですよ。

混む時間帯を避けよう

申し込んだのになかなか審査結果の連絡が来ない…という場合は、混む時間帯を選んでいないか注意しましょう。

混む時間帯というのは、要するに会社勤めの人が仕事から解放されているとき。例えば平日であれば12~13時、18時以降がそれに当たります。また、月曜の早朝も申込が増える傾向にあります。

審査を早く済ませてほしいなら、この辺りの時間帯は避けた方が安全です。午前11時ぐらいまでには申込を終わらせておくことをおすすめします。

急いでいる場合はカード発行のローンが最速


振込みの即日融資についてご説明しましたが、ご覧の通り振込みだと平日の14時台までに契約を済ませなければいけないのがネックです。正直、時間が早いですよね。

そこでおすすめなのが、自動契約機(無人契約機)の利用です。自動契約機でカード発行してもらう方法を選ぶことで、即日融資してもらえる時間帯がぐっと延びます。土日や祝日も開いています。

先ほどと同じように、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットの自動契約機の台数や営業時間を表にしました。

ブランド名 営業時間 台数
プロミス 9:00~22:00
※一部異なります。
997(2017年3月現在)
アコム 8:00~22:00
※一部異なります。
1046(2017年7月現在)
アイフル 8:00~22:00
※一部異なります。
912(2017年7月現在)
※有人店舗含む
SMBCモビット 8:00~21:00
※一部異なります。
400(2017年7月現在)

このように、全国各地に設置されており、しかも夜21時や22時まで営業しています。「借り入れ方法なんてどうでもいいから、即日融資!」という人は、自動契約機を利用するのがおすすめですね。

消費者金融と銀行のカードローン選ぶならどっちがおすすめ?

ここまで消費者金融のお話を中心に進めてきましたが、カードローンは銀行でも運営されています。最後に、消費者金融と銀行のカードローンを比較してみましょう。

消費者金融のメリットとデメリット

消費者金融のメリットは、即日融資の話にもあったとおり圧倒的な手続きのスピードです。プロミスやアイフルなどといった大手では、最短で「審査30分、融資まで60分」も可能となっています。これは、一つ一つの手続きを厳密かつ慎重に進める銀行には真似できません。

サービスが充実しているのもよい点です。その代表が、初回利用者に対する「一定期間利息ゼロ円」。例えば、プロミスだと初回出金日から30日間は無利息となっています。
この期間中に全額返済すれば、1銭も余計に支払うことなくカードローンを利用できたことになるんです。

一方、デメリットもあります。その代表例が金利でしょう。年率最高で18.0%と、15%前後で済む銀行より若干高くなってしまいます。
利息が高くなってしまうので、100万円を超えるような多額の融資には向いていません。

他にも、銀行に比べると信頼性という面では一段落ちるかもしれません。その点では、プロミス(三井住友フィナンシャルグループ)、アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)のようにメガバンクの傘下になっている大手消費者金融だと安心です。

銀行のカードローンのメリットとデメリット

銀行カードローンのメリットは、何と言っても運営元の信頼性の高さです。「いつも使っているあの銀行のカードローン」と思うと、過度な心配をせずに借りることができますよね。
消費者金融より金利が安く、高額融資にもおすすめできます。

その一方、その信頼性の高さがデメリットでもあります。審査や契約までの手続き一つ一つが厳密に行われるので、審査が厳しく、しかも契約までに時間がかかります。

結論

したがって、少額の即日融資にこだわるのであれば、手続きのスピーディーな消費者金融。高額な借り入れを行う場合には、信頼性が高く金利が低めの銀行を選ぶとよいでしょう。

まとめ

数十万円レベルまでの少額の借り入れで、スピーディーな「即日融資」を求めるのであれば、銀行より消費者金融がおすすめです。

振込みやカード発行のどちらでも即日融資も可能となっています(申込時間帯には注意)。銀行は、それほど急いでいるわけではなく、高額の借り入れを必要とする場合に利用するとよいでしょう。

更新日:

Copyright© キャッシングの学校 , 2017 AllRights Reserved.