大阪のカードローン比較!近畿大阪銀行とプロミスならどちらがおすすめ?


大阪でカードローンを使ってお金を借りる時に、まず頭に浮かぶのは消費者金融でしょう。大手ともなると、テレビCMや電車の車内広告などで盛んに宣伝されており、会社名(ブランド名)だけでも知っている、という人も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介したいのは、そんな大手消費者金融の中でもプロミスです。プロミス「早くお金を借りたい」「スムーズに手続きを進めたい」というニーズにバランスよく応えていて、大変おすすめです。

プロミスの魅力をわかりやすく解説する為に、大阪をメインに拠点を置いている近畿大阪銀行のカードローンとプロミスを比較してみたいと思います。

30日無利息サービス!

プロミス

30日間は利息0円!

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録でプロミスでは、30日間、利息無料でご利用いただけます。これまでプロミスを使った事のない方におすすめ!

◎詳細はこちら→プロミス

平日14時までに契約完了で当日キャッシングに対応。審査が不安な方は審査前に無料で簡単に利用できる3秒診断をご利用ください。

大阪のプロミス店舗・ATM一覧

借入可能か即回答!

アコム

簡単、無料!3秒診断!

キャッシングを選ぶときに誰でも気になるのが審査に通過できるのかだと思います。アコムでは申し込み前に無記名で本審査に近い仮審査で借入可能か即回答。

◎詳細はこちら→アコム

即日審査を行っているので、審査の結果が少しでも早くほしい方との相性は抜群!

アコム大阪の店舗・むじんくん一覧

インターネットですべてを完結!

モビット

申込みから借入までを完結

モビットの特徴の一つとして、パソコン・スマホから申し込みから借入までを完結することができます。WEB完結することにより、職場への電話連絡なしに。借入までの時間短縮!

◎詳細はこちら→モビット

お申込みから10秒簡易審査、審査の待ち時間も気になりません!

モビット大阪自動契約機・ATM一覧

CMでもおなじみのキャッシングといえば!

アイフル

関西に本社を構える大手キャッシング

TVCMでもおなじみのキャッシングですね。関西に本社を構えているのでをご存知ですか?金利の見直しも行われ、より低金利でご利用いただけるようになりました!

◎詳細はこちら→アイフル

審査結果を最短30分で通知。キャッシングを複数社ご利用の中の方のおまとめローンにも対応!

アイフル大阪の店舗・自動契約機一覧

低金利で借りたいならバンクイック!

バンクイック

低金利の銀行キャッシング

三菱東京UFJ銀行が運営する銀行キャッシング。限度額10万の少額利用の年率が14.6%の低金利!メガバンクの運営する安心のカードローン!

◎詳細はこちら→バンクイック

審査の回答もスピーディー!低金利で利用できる人気カードローン!

バンクイック大阪の支店・テレビ窓口一覧

5万円、180日間無利息サービス!

レイク

180日間無利息!

5万円の借入に、180日間無利息で対応いたします。15万円、借入した方でも5万円は180日間無利息で借入できます。急な出費の際にうれしいですね。

午前中に申込み午後には借入!スピードが新生銀行カードローン レイクの強みです!

レイク大阪の店舗・ATM一覧

近畿大阪銀行カードローン商品のご紹介

まず、近畿大阪銀行では、以下の2種類のカードローンを用意しています。

  • 近畿大阪プレミアムカードローン
  • 近畿大阪クイックカードローン

それぞれご紹介していきます。

最短当日審査の「近畿大阪プレミアムカードローン」

まずは「近畿大阪プレミアムカードローン」の概要です。

金利 年率3.5%~12.475%
※近畿大阪銀行の住宅ローン利用中だと、さらに年率0.5%引き下げられる
限度額 50万円~800万円
※200万円までは50万円単位、200万円以降は100万円単位で借入可能
無利息期間 なし
申込対象者
  • 申込受付時満20歳以上満60歳未満
  • 継続安定した収入のある方(パート・アルバイトはOK、学生・専業主婦はNG)
  • 保証会社の保証を受けられる
申込方法 インターネット、電話、FAX、郵送
審査時間(最短) 最短即日審査
借入方法 普通預金口座に当座貸越契約を付与
返済方法 自動引き落とし ※ATMで随時返済も可能

金利の年率が最低3.5%と低く設定されています。しかも、近畿大阪銀行の住宅ローンを利用しているとさらに0.5%引き下げという優遇措置が準備されています。

なお、借入方法は自分の普通預金口座への当座貸越契約のみで、ローンカードを利用したり銀行口座に振り込んでもらったりするわけではありません。

例えば、限度額100万円で契約した場合、自分の普通預金口座が残高不足に陥ると、100万円まで自動的に不足金額を融資してくれるようになります。

その為、近畿大阪銀行の普通預金口座を持っていないと契約できません。契約の前に、口座開設の手続きが必要です。

パート・アルバイトなら「近畿大阪クイックカードローン」

次に、近畿大阪クイックカードローンの概要をお伝えします。

金利 年率9.000%~12.475%
限度額 30万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円
無利息期間 なし
申込対象者
  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
  • 継続安定した収入のある方(パート・アルバイトはOK、学生はNG)
  • 保証会社の保証を受けられる
申込方法 インターネット、電話、FAX、郵送
審査時間(最短) 最短2時間
借入方法 普通預金口座に当座貸越契約を付与
返済方法 自動引き落とし ※ATMで随時返済も可能

「近畿大阪プレミアムカードローン」より最低金利が高く(9.000%)、限度額上限が低くなっています(200万円)。

また、「クイック」だけあって、最短2時間で審査完了というのが最大のポイントです。

以上を踏まえると、近畿大阪プレミアムカードローンと比較して少額のお金をできるだけ早く借りたい人をターゲットとした商品と考えることができるでしょう。

近畿大阪銀行カードローンのメリット

近畿大阪銀行の2つのカードローンには、以下のように共通したメリットがあります。

  • 手続きをWeb上で完結させることも可能
  • 審査が早い
  • 金利が消費者金融より低めに設定
  • 住宅ローン利用で金利優遇あり(近畿大阪プレミアムカードローンのみ)

それぞれ見ていきましょう。

Web完結可能

カードローンの利用しやすさを判断する一つのポイントに、どこまでWeb上だけで手続きできるかが挙げられます。

利用者からすると、いちいち平日に店舗に行かなければいけなかったり、申込書入手→記入→郵送という手続きを踏んだりするより、Web上ですべてできてしまう方がよほど楽なわけです。

その点、近畿大阪銀行のどちらのカードローンも、申込から契約までWeb上で完結させることも可能となっています。もちろん、電話やFAXでも申込が可能など、Web以外の手続きの方法も存在します。

しかし、基本的にはすべてWeb。利用者は、来店不要で契約することも可能です。

ただし、ホームページによると「諸条件により店頭もしくは、郵送でのお手続きが必要となる」とありますのでご注意ください。

審査が早い

近畿大阪プレミアムカードローンだと最短即日、近畿大阪クイックカードローンだと最短2時間で審査が完了します。

銀行カードローンの中には、審査に数日以上かかるところもありますから、それに比べれば審査は早い方です。

もっとも、あくまでこれは「最短」ですから、申込時間が遅い・入力内容に誤りがあるなどの場合は、審査完了が翌営業日以降になることもあります。

金利が比較的低い

消費者金融に比べると、金利は低い方です。どちらのカードローンも12.475%が最高で、消費者金融の上限18%より抑えられています。

仮に10万円借りたとすると、近畿大阪銀行と年率18%のところでは年間5000円以上利息額が異なることになります。100万円借りたら5万円以上の差です。

このように金利が抑えられているのは、近畿大阪銀行のカードローンのメリットと言えるでしょう。

近畿大阪銀行利用者は金利優遇あり

これは近畿大阪プレミアムカードローンだけにあてはまることですが、近畿大阪銀行の住宅ローンを利用している場合は、このプレミアムカードローンの金利が0.5%引き下げられます。

もともと金利は高くありませんが、この優遇措置によってさらにお得にプレミアムカードローンを利用することができます。

近畿大阪銀行カードローンのデメリット

次に、デメリットについてご説明します。金利が安くてWebで手続きできて審査が早くて・・・といいことずくめにみえる近畿大阪銀行ですが、以下のように注意すべきポイントがあるのです。

  • 口座開設が必須
  • プロミスより審査が遅い
  • 銀行カードローン自体の規制が強化される可能性

口座開設が必須

どちらのカードローンを利用するにしても、近畿大阪銀行の普通預金口座を開設していることが必須条件です。

厳密に言えば、口座を開設していなくても申込自体はできるのですが、契約よりも先に普通預金口座を開設する手続きをとることになります。

なぜかといえば、近畿大阪銀行のカードローンは口座への振込融資しか融資方法がないためです。前述の通り、当座貸越契約を結んだうえで、借りるお金は自分の口座から引き出すスタイルを採用しています。

そのため、そもそも口座がないと意味がないわけです。

したがって、実質的に近畿大阪銀行のカードローンを利用できるのは、近畿大阪銀行に口座を持っている人に限られてしまいます。

口座がない人には、近畿大阪銀行のカードローン利用をおすすめできません。

プロミスより審査が遅い

審査が最短で2時間(クイックカードローン)と頑張ってはいるのですが、実はそれでもプロミスをはじめとした大手消費者金融よりは遅いです。

これらの消費者金融では、最短30分で審査を完了させます。そして、最短1時間で融資(借入)まで可能です。夜でも自動契約機を使って申込から契約まで進めることもできるので、日中仕事している人にとって非常に便利です。

もちろん、「最短2時間」が遅いとは言えません。それでも、早くお金を借りたいひとにとっては、近畿大阪銀行よりもプロミスなどの消費者金融の方がおすすめです。

規制が強化されるかも?

近畿大阪銀行に限らず、銀行が取り扱うカードローン全般に当てはまる話ですが、近い将来何らかの規制が強化される可能性があります。

かつて、多重債務者が増えていた消費者金融業界に対して規制が課された一方、銀行カードローンには課されていませんでした。

しかし、貸出額が急増して多重債務者も増えたことで、銀行カードローンに向けられる視線にも厳しさが増しつつあります。全国の銀行で作る団体である「全国銀行協会」は規制強化に反対し、業界の自助努力を促す考えを表明しています。しかし、今後規制を強化する方向に移らないとも限りません。

仮に規制が強化されると、借入限度額の引き下げや審査時間の長期化など、利便性を下げる方向につながる可能性もあります。

そのため、現時点で近畿大阪銀行を含めた銀行カードローンについて「様子見」という選択肢もありえるのではないかと考えます。

プロミスのカードローンがおすすめな理由

近畿大阪銀行のカードローンにいくつかデメリットや注意点がありましたが、そこでおすすめしたいのが大手消費者金融の一つであるプロミスです。

プロミスは、消費者金融の中でも後述する「30日間無利息サービス」が利用しやすく、審査の早さや対応の丁寧さなどサービスが充実しています。

ここでは、プロミスの概要とともにメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

  • どの口座を持っていても(持っていなくても)利用可能
  • 審査が最短30分!
  • 30日間無利息サービスが使いやすい
  • 金利は近畿大阪銀行より高い

プロミスのカードローン概要

まず、プロミスのカードローン概要は以下の通りです。

金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万円
無利息期間 初回出金の翌日から30日間
※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
申込方法 インターネット、電話、来店(自動契約機・店頭窓口)、郵送
審査時間(最短) 最短30分
融資までの時間(最短) 最短1時間
借入方法 口座振込、店頭窓口、プロミスATM、提携ATM
返済方法 インターネット、口座振替、店頭窓口、プロミスATM、コンビニ

この点を踏まえて、メリットとデメリットをご説明します。

どの銀行の口座でも問題なく利用できる!

まず、近畿大阪銀行とは違い、どの銀行の口座を持っていようが問題なくプロミスを利用することができます。

もちろん、近畿大阪銀行の口座でも問題ありません。極端な話、銀行口座を一つも持っていなくても借入は可能です。

自分がどこの銀行の口座を持っているかを気にすることなく利用できるので、プロミスは使いやすいと言えます。

審査が早く即日融資が可能

プロミスでは、即日審査どころか即日融資も場合によっては可能です。

もちろん、申込状況や入力情報によっては審査に時間がかかることもありますが、最短だと30分で審査が終わり、1時間で融資も可能です。

例えば、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があると、24時間最短10秒でお金を振り込んでくれる「瞬フリ」という機能があります。近畿大阪銀行よりも早くお金を手にできる可能性が高いです。

初回利用なら「30日間無利息サービス」

初回利用者に対しては、30日間無利息サービスを提供しています(メールアドレスやWeb明細登録が必要)。

これは、契約後に最初にお金を借りた日(出金日)の翌日から30日間は、借りたお金に金利がつかないというサービスです。

したがって、この間に全額返済すれば利息はかかりません。また、返済したお金は全額利息ではなく元金に充当されますから、返済効率もよくなります。

こういったサービスは近畿大阪銀行では実施していません。

金利は銀行より高めに設定

概要を見れば分かるとおり、金利は上限17.8%と、12.475%だった近畿大阪銀行に比べれば高いです。借入金額が大きくなるほど、この金利差は利息の金額の差として顕著になっていきます。

例えば、100万円を年率17.8%で借り、月に3万円ずつ返済していく場合は38万9748円利息が付きます。それに対して、年率12.475%で月に3万円ずつ返済すると、23万4126円の利息。トータルで15万円もの差になります。

このように金利が高いというのはデメリットなのですが、借入額が少額であればそれほどの差にはなりません。先ほどの条件で、借入額だけを10万円とすると、利息の差額はたったの1000円ほどになります。

プロミスを利用する際には、借入額を少額にすればよいのです。

詳細はこちら  プロミス

まとめ

近畿大阪銀行には2種類のカードローンがあり、金利の低さや審査の早さなどの特徴を持っています。その一方で、近畿大阪銀行の口座を持っていることが融資条件となっているため、口座のない人には利用しづらいのがネックです。

それに対してプロミスは、金利は高いものの審査は近畿大阪銀行よりさらに早く、30日間無利息サービスなどサービスが充実しており、どの銀行の口座があろうと利用できる便利さがポイントです。

近畿大阪銀行の口座を持つ人であれば近畿大阪銀行のカードローンでもよいのですが、それ以外の大多数の人には、サービスが充実し利便性の高いプロミスがおすすめです。

ただし、どちらにしても申し込めば必ず利用できるわけではなく、必ず審査を受ける必要がある点にはご注意ください。

投稿日:

Copyright© キャッシングの学校 , 2017 AllRights Reserved.