おすすめの銀行キャッシングでお金を借りる

キャッシングの中でも人気が高いものといえば、銀行の運営するカードローンです。大手消費者金融に比べると低金利で借入できる事と普段利用している銀行ということもあり信頼感や安心感もあります!

銀行というと、手続きに時間がかかりそうなイメージもあるかもしれませんが、インターネットの普及で以前より融資までの時間も短くなってきています。

2017年7月現在では、銀行カードローンの世間の風当たりも強く、カードローンの審査の敷居は更に高くなっており。

高額な借入が可能な事が魅力だった銀行カードローンですが、最近では審査の結果、限度額が希望額より下回るといった事も多いようです。

自分のステータスに自信のある人にとっては、魅力的な銀行カードローン、当サイトおすすめ順のランキングを作成してみました。参考にご覧ください。

三菱UFJ銀行のバンクイック

低金利キャッシングといえばバンクイックです。テレビ窓口で最短40分でカード発行も可!全国の提携コンビニATMの利用手数料は無料!

審査結果、素早く回答!借入も1000円単位から借入可

オリックス銀行の人気カードローン

オリックス銀行の運営する人気キャッシングです。特徴としては最大限度額も業界TOPクラスの800万円。

ネットバンクのメリットは何といってもWEB上で手続きが完了し、来店不要で契約できるところにあります。

メガバンク『みずほ銀行』のカードローン

みずほ銀行の運営するカードローンです。低金利でさらに安心のメガバンクの運営する。最近大幅なスペックの見直しがされて更に低金利になった人気カードローン!

みずほ銀行の銀行口座を持っていなくても利用可能!

場合に応じた銀行キャッシング術!

銀行カードローンのどこがいいのかわからないかったという方に賢いカードローンの選び方を教えます。

振込キャッシング可能なキャッシング

振込キャッシングとは、融資をあなたの口座に振込みで融資してくれるキャッシングの事を言います。振込での融資を希望される方にお勧めなのが、オリックス銀行です。

他社銀行口座への振込でも月2回までは無料、オリックス銀行口座なら無料で振込キャッシングが可能です。

銀行カードローンでお金を借りる条件について

いざ、銀行でお金を借りるには、最低限2つの条件をクリアしておく必要があります。

最近では銀行が無担保無保証でお金を借りる事ができるカードローンの販売に力を入れており、気軽にお金を銀行で借りる場合に銀行のカードローンを選ばれる方が増えてきています。

そのカードローンへの申込条件がこれから紹介する2つになります。

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

この2つの条件を満たしていないとお金を借りる事はできません。

安定した収入と聞くと正社員という印象かもしれませんが、パートの主婦の方やアルバイトの学生またはフリーターなども定期的に安定して収入があれば条件に当てはまります。

銀行には先ほど紹介したカードローンとは別に、他にも多くのローン商品があります、初めてお金を借りる場合はカードローンがおすすめですが目的がはっきりしている場合は目的ローンの方が低金利でお金を借りる事ができる事も少なくない為しっかりと見極めてローン商品を選ぶ事が重要でが、今回は誰でも手軽に利用できるカードローンを中心にこちらの記事では紹介します。

銀行と消費者金融のカードローンの違いは?

銀行のカードローンと消費者金融の違いは金利やサービスの内容が違います。一般的に実質年率の設定が低いとされるのが銀行カードローンです。

お金を借りるなら利息の負担はなるべく少ないところを選びがちですが、それだけを見てお金を借りるのは、あまりおすすめできません。特徴をしっかり把握してどちらが自分に合っているかを判断しましょう。

また、消費者金融と銀行カードローンの違いとして、適応されている法律が異なり、2016年ごろまでは銀行カードローンは総量規制外で年収の3分の1以上の借入も行う事が出来ていましたが、2017年春に銀行カードローンの社会的問題が表面化し、国からの指導や過度な貸し付けにならない様に銀行が自主的に総量規制を取り入れる対策を取っています。

こういった事が表面化して現在では銀行カードローンは審査が非常に厳格に行われており、厳しい状態となっているのが現状です。

消費者金融カードローンの特徴

一見金利が高く見える消費者金融も、実際に利用すると銀行よりもお得なことがわかりました。他にも消費者金融の優位点をまとめておきました。

  • 最短即日融資に対応ですぐ借りられる
  • 銀行と比べて審査が厳しくない
  • ネットや契約機などどこでも借りられる

今お金が必要という人にとってはどれも魅力的な優位点ではないでしょうか?

ちなみに今回紹介したアコムについてですが、審査通過率が最も高い消費者金融として、多くの人に利用されています。

単純にお金を借りやすいという点でも高い評価を得ているので、これからお金を借りようという人にはお勧めです。

銀行カードローンの特徴

実質年率で選ぶと一見お得そうに見えます。実際にはたくさん利息を取られる可能性が高い仕組みになっているのが銀行カードローンの特徴になります。

その理由は主に2つあります。

  • 適用金利は高めになりがち
  • 中々元金が減らない

適用金利が高めになりがち

カードローンの最低金利は低くても、実際に適用されるのは最高金利の可能性が高いです。

最初は信用がないという点もありますが、問題は借入額です。数百万円借りるような人でないと、金利は低くならないのが実情です。

金利を比較するにしても、最低金利は無視して最高金利に注目した方がいいかもしれません。

中々元金が減らない

いくら金利が低くても、毎月の返済額が少ないと、中々元金は減りません。

銀行のカードローン利用者の中には、毎月必要な金額しか返済しないで、いつまで経っても返済が終わらないという人も多いようです。

見た目の金利だけに惑わされると痛い目を見るかもしれません。

三菱UFJ銀行で10万円借りた場合

実際に三菱UFJ銀行で10万円借りた時の、毎月の支払額や支払総額を見ていきます。

まず金利については最低1.8%ですが、こんな低金利では借りられません。銀行のカードローンの金利については、借入限度額が大きいほど金利も下がります。

カードローンでは多くても数十万円程度までの借入れをする人がほとんどなので、実際に適用される金利は13.6%~14.6%となります。金利の話でいきなりがっかりですが、実際に払う利息についても見てみましょう。

理想の状態なら金利13.6%で借りられますが、もしも10万円借りて毎月返済していくと、完済まで74カ月かかります。「うそでしょ?」と言われそうですが本当です。実際に三菱UFJ銀行の返済シミュレーションで出した結果がこちらです。

三菱UFJ銀行では、10万円以下の借入の場合、毎月2,000円が返済として引き落としされます。その為返済の負担は少ないのですが、利息がほとんど減らないのが問題です。初月なんて、2,000円返済しても利息で1,133円取られています。

完済まで74回という事は、6年2カ月も返済を続けなくてはいけません。支払総額も148,350円と結構取られます。金利が低いからといって、本当に安いローンだと言えるでしょうか?

消費者金融アコムで10万円借りた時の利息と比較してみた

安いカードローン選びは金利だけでは決まらないので、今度は大手消費者金融のアコムで10万円借りた時の利息をシミュレーションしてみました。こちらもアコムの公式サイトを利用しています。

アコムの適用金利は以下のようになります。

アコムでは100万円以下の借り入れでも、金利7.7%で借りられる可能性があるので、バンクイックよりお得に借りられるかもしれません。ただし今回は適用されやすいと思われる最高金利の、18.0%でシミュレーションしています。

アコムで10万円借りた場合、毎月5,000円が口座から引き落としされます。金利が18.0%なので初月の利息は1,500円ですが、返済をするたびに利息が減っていくのが早いのが分かると思います。結果としては24回、つまり2年間で完済でき、支払総額も119,772円となります。バンクイックと比較して見ると、

バンクイック 金利13.6% 利息48,350円
アコム 金利18.0% 利息119,772円

となるので、アコムの方がお得になります。しかもバンクイックは最低金利、アコムは最高金利でシミュレーションしているので、実際の差はさらに広がる可能性があります。

カードローンは利息で選ぶ

お得なカードローンを探している人、カードローン選びで失敗したくない人は、実際の返済シミュレーションを踏まえた上で選んでみましょう。参考までに、各社10万円借りた時の、最高金利での返済額をまとめました。

最終的に払う利息が少ないのがアコム、逆に最も高いのがバンクイックという結果になりました。実際に比較して見ると、消費者金融の方がお得に見えますね。ただし、毎月の返済負担は大きくなるので計画的に返済していきましょう。

また、銀行のカードローンは規制が厳しくなってきていて、今は即日融資にも対応しなくなりました。申込みから借入れまで2週間以上かかる可能性もある上、審査も相当厳しくなってきています。普通の人であれば消費者金融の方が手早く貸してくれます。

ちなみに消費者金融でも銀行のカードローンでも、繰上げ返済は可能です。ただし繰上げ返済の場合、毎回入金に行かなければならず、例えばバンクイックで毎月自動的に5,000円引き落とすというような返済はできません。また、繰上げ返済ができるとして、自分がお金を借りた後に繰上げ返済をしていくかどうか考えてみてください。余程意志が強くないと、わざわざ繰上げ返済を繰り返さないのではないでしょうか?

カードローン申込みについて

カードローンを利用するのに必要な書類は本人確認書類と収入証明書です。

印鑑証明や連帯保証人・担保なども必要ありません。申込み方法もカードローンサービスによってたくさん準備されています。電話・ネット・店舗・郵送等あなたの都合に合わせて利用する事が出来ます。

最近の傾向で言うと、ネット申込が支流となっています。24時間申込みができ審査結果は来店不要で確認する事ができるので、審査落ちした場合の無駄足がなくなります。

今すぐお金が必要な時だから、効率よく融資先を探す為に複数の会社に同時に申込みする人がいますが、複数の申込みはおすすめしません。複数申込みすることで審査に落ちる可能性が高くなります。